詩集 不自由な意思 長岡新一

『詩集 不自由な意思』 著者は「みぎわ短歌会」元編集委員長。短歌ほか、俳句や詩の創作にも取り組んだ。晩年病に伏した中で人生を振り返りながら詩を書いた。生きるとは何かの問いかけを、明るく、滑稽みのある表現でまとめあげた。